CAT760開発環境VirtualBoxインストールガイド

本ページの位置

https://www.si-linux.co.jp
  -> 技術情報
    -> CAT Wiki
      -> CAT760開発環境VirtualBoxインストールガイド

CAT760向けの開発環境としてcoLinuxを推奨してきましたが、coLinuxの64bitWindows版対応が遅れているため VirtualBox版を用意しました。

VirtualBox上にdebian 3.1 (sarge)をインストールすればよいのですが単にsargeをインストールしただけではHZ (タイマー割り込み)が1000HZでCPU負荷が高いという問題点があります。そこでHZを100に落としたカーネルのディスクイメージを用意しました。

手順

VirtualBox本体のインストール

の[download]からインストーラをダウンロードします。2012/10/30現在では4.2.4が最新です。

VirtualBox platform packages. The binaries are released under the terms of the GPL version 2.
   VirtualBox 4.2.4 for Windows hosts  x86/amd64

インストーラを起動してインストールしてください。基本的に次へ次へと進んでいくだけです。

が参考になるかもしれません。

DebianSargeディスクイメージのインストール

仮想マシンファイルを取得します。

DVD(CDROM)をお持ちでない方は

から 最新の dvd のiso イメージをダウンロードしてください。
(CAT709/CAT760ユーザの方はid/passを連絡いたしますのでお問い合わせください)

DVDの中の VirtualBox/debian_sarge.ova (約(260Mbyte) を使用します。

pic1.png

VirtualBoxマネージャの[ファイル]メニューから[仮想アプライアンスのインポート]を選択します。

pic2.png

[アプライアンスを開く]ボタンを押し、debian_sarge.ova を選択します(説明には 「OVFだけをサポートしています」とありますが、拡張子 .ova も読み込めます)。

pic3.png

[すべてのネットワークカードのMACアドレスを初期化]にチェックを入れてから[インポート]を選択します。このチェックを入れないとMACアドレスが同じになってしまいます。特に同一LAN上で同じMACアドレスが存在するとLANが混乱してしまうので注意してください。

pic4.png

VirtualBoxマネージャの[設定]メニューから[ネットワーク]を選び、ブリッジ割り当てするネットワークアダプタをCAT760と接続するLANアダプタを選択してください。(CAT760と同一LAN = 同一サブネットになるようにします)

その他

このディスクイメージでは

ユーザ名 root     パスワード root
ユーザ名 kaihatsu パスワード kaihatsu

が登録されています。またLAN (eth0) は dhcpクライアントの設定になっています。

本ディスクイメージには SH3, SH4 のクロスコンパイラやsambaのインストールが済んでいます。すぐにCAT709, CAT760の開発を開始する事が出来ます。

関連

Last-modified: 2019-07-22 (月) 17:56:00 (32d)