このページは「24環境」の情報です

cardmgrの立ち上げ

とりあえず使うには

cardmgrはブート時に自動起動しないようにしている。
手で起動する例はこんな感じ。無線LANカードだった場合の例。

# cardmgr                                            カードマネージャの起動
# ifconfig eth1 192.168.7.100                        eth1の設定
# iwconfig eth1 essid "ユーザID" key "s:パスワード"  eth1の無線LANの設定

無線LANのiwconfigはPASSWORDがアスキーの場合は頭に s: をつける(重要!!)
16進の場合は、何もつけずに"xxxxxxxx"とする。
事前にドライバモジュール ds sh3-ss を入れておく(/etc/modulesに書いてある)

ブート時にcardmgrを自動的に起動するには

起動スクリプトを適当に手作りする。

cat /etc/rc2.d/S60cardmgr
#!/bin/sh

case "$1" in
    start)
        /sbin/cardmgr -o
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start}"
        ;;
esac

chmod +x S60cardmgr して実行属性を付けるのを忘れずに。

セオリー通りには

/etc/init.d/cardmgr 作って
# cd /etc/rc2.d
# ln -s ../init.d/cardmgr S60cardmgr

とシンボリックリンクで置いとく。

DHCPを使いたいときはこちら

Last-modified: 2006-01-19 (木) 15:27:45 (5749d)