CFカード情報

型番

IODATAWN/B11-CF
IODATAWN/B11-CFZmanfid 0xd601, 0x0010
PLANEXGW-CF11Xmanfid 0xd601, 0x0010
AmbicomWL1100C-CFmanfid 0xd601, 0x0002

io2s.jpg ios.jpg planexs.jpg ambicoms.jpg

機能

  • 802.11b 無線LANカード

使い方

[26環境]に含まれる prism2_cs.ko デバイスドライバで使用可能です。[24環境]では使用できません。

  • dump_cis で manfidを調べる
    # dump_cis
      manfid 0x0004, 0x2003                     ←これを控えておく
  • ドライバの組み込み
    /etc/pcmcia/wlan-ng.conf ファイルの一番最後に以下のエントリーを追加
    card "IO DATA WNB11CF"                      ←名前は何でも良い
      manfid 0x0004, 0x2003                     ←上記のmanfidを記述
      bind "prism2_cs"                          ←prism2_csと記述
  • ESSIDとWEPの設定
    /etc/wlan/wlan.conf ファイルのSSID_wlan0=行を編集
    SSID_wlan0="hoge"                           ←ココにESSID名を記載(例としてhogeだとする)
    ENABLE_wlan0=y
    wlancfg-DEFAULT ファイルを wlancfg-上記で指定したESSID名 にコピーする
    # cp wlancfg-DEFAULT wlancfg-hoge
    # vi wlancfg-hoge                           WEPキーを16進数で設定する(例:キーがabcdeの場合)
    
    dot11PrivacyInvoked=true        # true|false
    
    dot11WEPDefaultKey0=61:62:63:64:65
  • リブートすると wlan0 インターフェースとして利用可能になる
    # ifconfig wlan0 192.168.7.100 up

まめテクニック ASCII文字→16進数変換

# echo "abcd" | hex

関連リンク

  • CAT709
  • CAT760

コメント

Last-modified: 2007-11-27 (火) 21:36:26 (5122d)