debiansh.gif DebianSH 非公式支援ページ

DebianSHの入手

DebianSHのベースアーカイブはこちらから入手できます

バージョン-アーキテクチャ-base_日付.tgz

インストール作業

ダウンロードした .tgz ファイルを ext2やext3などでフォーマットされたコンパクトフラッシュやSDカードに展開する

開発PC、またはCAT724自身にて作業を行う

パーティション作成

# cfdisk /dev/sdb  (CFカードが /dev/sdbデバイスだと仮定した場合)
   Name        Flags      Part Type  FS Type          [Label]        Size (MB)
------------------------------------------------------------------------------
   sdb1                    Primary   FAT16          [           ]       128.00
   sdb2                    Primary   Linux                             3600.29
   sdb3                    Primary   Linux swap / Solaris               235.34 

    [Bootable]  [ Delete ]  [  Help  ]  [Maximize]  [ Print  ]
    [  Quit  ]  [  Type  ]  [ Units  ]  [ Write  ]
/dev/sdb1FAT16カーネル(zImage)をファイルとして置く
/dev/sdb2ext3Linux rootfs
/dev/sdb3swapパーティション(オプション)

フォーマット

# mkfs.ext3 /dev/sdb2
# mkswap /dev/sdb3

baseの展開

# mount /dev/sdb2 /mnt/
# cd /mnt
# tar xzvf /どこか/wheezy-sh4-base_20130604.tgz
# umount /mnt

実機での作業

CAT760の場合

EB760のCN3 (CPU基板の下ではない方)にCFカードを指し電源を投入します。

ブートローダ (catboot) でカーネルの起動パラメータを書き換えます。

CAT760で root= がルートファイルシステムです
>> admin
password:*******
#> setparam console=ttySC0,115200 root=/dev/hda1 ro rootfstype=ext3
出荷時に戻す(内蔵FLASHをルートデバイスにする)には
#> setparam console=ttySC0,115200 root=/dev/mtdblock2 ro rootfstype=jffs2

CAT724の場合

CAT724 CPUボードにMicro SDカードを指し電源を投入します。

ブートローダ (catboot) でカーネルの起動パラメータを書き換えます。

CAT760で root= がルートファイルシステムです
>> admin
password:*******
#>setparam console=ttySC0,115200 root=b302 rootwait ro
出荷時に戻す(内蔵FLASHをルートデバイスにする)には
#>setparam -d

関連事項

外部リンク

内部リンク

自動リンク

Last-modified: 2019-07-22 (月) 17:56:00 (28d)