このページは「24環境」の情報です

DHCPクライアントの設定

CAT709をDHCPクライアントにするには以下の手順に従ってください。

追加ファイル filedhcpclient-sh3.tgz をダウンロードし、
FTP 等でCAT709の /tmp に保存します。

# rommode rw
# cd /usr/bin
# ln -s /bin/busybox xargs
# ln -s /bin/busybox expr
# cd /etc/network
# mv interfaces interfaces-old      ←バックアップ
# cd /etc
# mv resolv.conf resolv.conf-old    ←バックアップ
# cd /
# tar xzf /tmp/dhcpclient-sh3.tgz   ←追加ファイルの展開
# rommode ro

以上で導入は完了です。

dhcpクライアントにする場合は /etc/network/interfaces ファイルを編集し、eth0に関する行を次の2行にします。

auto eth0
iface eth0 inet dhcp

次回起動時からdhcpになります。固定アドレスに戻すには

auto eth0
iface eth0 inet static
      address 192.168.7.133
      netmask 255.255.255.0
      gateway 192.168.7.1

のようにしてください。

追加

なぜか syslog 起動時に

Starting system log daemon: syslogd/etc/rc2.d/S10sysklogd: line 92:   129  Terminated
       start-stop-daemon --start --quiet --exec $binpath -- $SYSLOGD

といったメッセージが出ることがありますが、実際には問題なくsyslogdが起動しています。原因は解析中です。

リンク