CAT760Bについて

2010年7月13日

お客様各位

貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さてご愛顧いただいています CAT760 におきまして、搭載部品の生産終了に伴い一部の回路変更を行うことになりました。お客様には大変ご不自由をおかけいたしますが、CAT760シリーズとして基板の供給をつづけるため、どうかご協力をお願い申し上げます。

改定に伴い全ての部品をインダストリアル品とし、搭載部品の温度仕様を -20度〜+70度といたしました。従来の CAT760 より広い温度範囲でマージンをもってご使用いただけます。

なお価格の変更はございません。

メーカー製造終了部品

  • リアルタイムクロックIC RTC9701JE
  • LANコントローラ AX88796
  • 東芝製 TSOPパッケージ スタティックRAM

新旧部品対応表

CAT760 (従来品)CAT760B (新製品)備考
FLASH ROMTC58FVM7B5BTG65CAH (東芝)M29W128GL70N6 (Numonyx)FLASH セクターサイズ変更・低温度対応
SRAMTC55VCM216ASGN55LA (東芝)R1LV0416DBG-5SI (Renesas)コンパチ・低温度対応
SDRAMK4S561632E-UC75 (Samsung)MT48LC16M16A2P-75ITD (Micron)コンパチ・低温度対応
LANAX88796LF (ASIX)AX88796BLI (ASIX)低温度対応・高速化
CPLDEPM7032AETC44-10 (ALTERA)EPM7032AE-TI44 (ALTERA)低温度対応
時計ICRTC-9701JE (Epson Toyocom)RX-8571LC(Epson Toyocom)差異はドライバで吸収
EEPROMRTC-9701JE内蔵24LC04B (Microchip)差異はドライバで吸収
水晶発振子FA365(Epson)DSX630G(大真空)コンパチ・低温度対応

写真

表面 CAT760(左)、CAT760B(右)
cat760_omote.jpg cat760b_omote.jpg

裏面 CAT760(左)、CAT760B(右)
cat760_ura.jpg cat760b_ura.jpg

互換性維持について

CAT760から CAT760B への変更につきましては 100%の互換性維持に努めましたが一部のみ非互換の部分がございます。

ハードウェア変更点

LANコネクタ周辺 回路変更

従来のCAT760で使用していた AX88796 から、CAT760B では AX88796B に変更になっています。

従来のベースボード EB760 で使用していたLANコネクタ NU1S516-434(BOTHHAND) を使った回路に、CAT760B を搭載するときは下記の一箇所のジャンパー改造が必要になります。お客様作成の基板で EB760と同じくNU1S516-434(BOTHHAND) を使っているお客様はご注意ください。

  • ジャンパ改造後、従来のCAT760を搭載しても問題なく動きます。
  • 改造によって受信安定度が向上し、FTP転送にて3倍の受信速度になります。

組み合わせ注意

EB760 (従来品 NU1S516-434(BOTHHAND)EB760A (改訂版 RJLDC-308TA(TAIMAG))
CAT760 (従来品 AX88796)動作 OK動作 OK
CAT760B (改定品 AX88796B)ジャンパー改造必要動作 OK

LANコネクタ周辺のジャンパー改造についてはこちらのページを参照ください。
NU1S516コネクタ改造

ベースボードは EB760 から EB760A への変更になります。
fileEB760A_sch.pdf

その他のハードウェア変更点

従来の CAT760 では DIPSW1-4: を ON にすることによって、 SH7760 CPU の LCDC コントローラへ 25MHz のクロックを提供することができました。液晶パネルの駆動周波数として外部クロックの指定を行うことにより25MHz または 12.5MHz が選択可能でした。

CAT760A,CAT760B では ピン数制限によってこの機能を廃止いたしました。そのため液晶パネルへの 25MHz, 12.5MHz の提供はできなくなりました。 CPUクロックを基準とした 33MHz, 16.6Mhz のみとなります。

ハードウェア変更箇所まとめ

CAT760B 変更点

  • 基板シルク印刷型名: CAT760 -> CAT760B
  • フラッシュROM:TC58FVM7B5BTG65(東芝製) -> M29W128GL70N6(NUMONYX製)
    (注意:セクターブロックサイズ変更あり。64Kbyte → 128Kbyte)
  • SDRAM:K4S561632E-UC75(SAMSUNG製) -> MT48LC16M16A2P-75ITD(MICRON製)
    インダストリアルグレード品に変更 (コンパチブル)
  • SRAM:TC55VCM216ASGN55(東芝製) -> R1LV0416DBG-5SI(ルネサス製)
    製造中止の為変更 (コンパチブル)
  • LAN IC:AX88796LF -> AX88796BLI
    新タイプのICに変更、インダストリアル品を使用
  • CPLD:EPM7032AE-TC44 -> EPM7032AE-TI44
    インダストリアル品に変更
  • SW1-4:使用 -> 未使用 25MHzクロックのPE7供給ON/OFFを取りやめ
  • 時計IC: RTC9701JE → RX8571LC
  • EEPROM: RTC9701JE内蔵 → 24LC04B

EB760A 変更点

  • 基板シルク印刷型名: EB760 -> EB760A
  • LANコネクタ:NU1S516-434(BOTHHAND) -> RJLDC-308TA(TAIMAG)
    イーサネットIC変更に伴い変更、インダストリアル品

ソフトウェア変更点

CAT760Bでの回路変更箇所はOS部で吸収していますのでアプリケーションには変更していただく箇所はありません。お客様作成のアプリケーションは新旧基板でそのまま動作いたします。

ただし、OS部(ブートローダ、デバイスドライバ、カーネル、ルートファイルシステム)をお客様ご自身で再構築されている場合は対応作業が必要になります。

FLASHROMの変更

FLASH ROM の変更に伴い、セクターサイズが CAT760の 64Kbyte から、128Kbyteに変更になりました。 CAT760シリーズは FLASH ROM 内を3つのパーテーション領域に分けていますが、各パーテーションはセクタ境界におく必要があり、メモリーマップを次のように小変更いたします。

flash_memory_map1.png

  • メモリマップ設定の変更

※ CAT760B 出荷時に行っていますのでお客様で行う必要はありません。

ブートローダ catboot 上の隠しコマンド setbootsize でブートローダ領域のサイズ指定を行います。

>>admin
password:*******
#>setbootsize 2
 change kernel size to 0x20000
 change boot size to 0x20000
必ず、ここでリセットボタンを押して再起動してください
  • FLASH ROM 領域の確認方法
#>dir rom
 (0x00000000,0x00FFFFFF) 16777216 all
 (0x00000000,0x0001FFFF)   131072 boot
 (0x00020000,0x0013FFFF)  1179648 kernel
 (0x00020000,0x0013FFFF)  1179648 zimage
 (0x00140000,0x00FFFFFF) 15466496 rootfs
  • カーネルへのパッチ

カーネルのFLASH ROM ドライバを更新する必要があります。

弊社では対応済みカーネル をご用意いたしました。今後この対応済みカーネルを書き込んだ上で出荷いたしますが、お客様にてカーネルを変更/再構築されている場合は下記のパッチを適用してカーネルを再構築してください。

linux-2.6.15-cat_20100727.tar.bz2 (2010年7月29日版)では CAT760B への対応が完了しています。
こちらにある 最新開発CDROMについて もご覧ください。

linux-2.6.15 (2008年5月2日版)に対するパッチ fileM29W128G.diff

開発PCでの作業
$ tar xzfv linux-2.6.15-cat_20080502.tgz     カーネルの展開
$ cd linux-2.6.15-cat                        ディレクトリ移動
$ patch -p1 < ../M29W128G.diff               パッチ適用
$ make cat760_defconfig                      デフォルトのコンフィグレーション
$ make menuconfig                            サイズ優先最適化を指定
General setup  --->
  [*] Optimize for size (Look out for broken compilers!)

カーネル保存領域の大きさが従来の 0x130000 バイトから 0x120000バイトに小さくなりました。このため出来上がった zImage のサイズが 0x120000 (1,179,648) バイト以下になるよう注意してください。

カーネルのコンフィグレーション時に Optimize for size を指定することでサイズを多少小さくすることができます。

rootfs.binについて

ルートファイルシステム(rootfs.bin) は従来と保存領域の大きさは同じです。ただしセクターサイズが 64Kbyte → 128Kバイトに変更になっているため、お客様の従来のCAT760 からイメージコピーした rootfs.bin を CAT760B に書き込むと、起動中 rootfs のマウント時にワーニングメッセージが大量に出ます。

rootfsのバックアップとリストア

上記ページに記載した方法で、従来の CAT760 のファイルを吸出して 新しい rootfs_128k.bin イメージファイルを作り直してください。

これで再構築した rootfs_128k.bin を CAT760B に書き込むことによってワーニングメッセージが出なくなります。

CAT760からCAT760Bへの乗り換えについてまとめ

ハードウェア面

  • お客様作成のベースボードのLANコネクタ周辺が、EB760と同一回路の場合一箇所ジャンパー改造が必要になります。
    ジャンパー改造

ソフトウェア面

  • CAT760. CAT760Bでの搭載部品の違いについてはOS部(ドライバ)が吸収しますのでお客様のアプリケーションはそのまま動作します。
  • CAT760で動作しているお客様 rootfs を CAT760B へコピーする作業が一度だけ必要になります。64Kセクター用 rootfs.bin から 128Kセクター用 rootfs_128k.bin への変換作業。rootfsのバックアップとリストア
    難しいようでしたら、rootfsのイメージ変換作業は弊社で無償で行います。ご相談ください。
  1. 動作している CAT760 を郵送いただく
  2. 弊社で rootfs ファイル吸出し & CAT760B 用 rootfsに再構築
  3. 貸与いただいた CAT760と、新CAT760B用 rootfs CD-ROM を返送

チェックフロー

変更点などの確認チェックシートを用意いたしました。
あわせてこちらもご覧ください。

fileCAT760Bチェックフロー.pdf

評価基板貸し出し

  • お客様のベース基板動作評価用にCAT760B を無償で貸し出しいたします。シリコンリナックス社 担当 海老原まで御連絡ください。

その他 ご不明点はお問い合わせください。

関連ページ

Last-modified: 2015-01-16 (金) 17:41:46 (1680d)