このページは「24環境」の情報です

自作アプリの自動起動

自分で作ったアプリケーションが電源ONで自動的に起動するようにするための方法。

  • 自作アプリを /usr/local/bin/userprog というファイル名で保存
  • /etc/init.d/skelton を userprog という名前にコピーして編集
# cd /etc/init.d
# cp skelton userprog
# vi userprog
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
DAEMON=/usr/local/bin/userprog       ←ユーザープログラム ファイル名
NAME=userprog                        ←プログラム名
DESC="user daemon"                   ←説明

test -x $DAEMON || exit 0            ←もしそのファイルが実行できなければexitするという意味

set -e

case "$1" in
  start)
        echo -n "Starting $DESC: $NAME"         ↓ -b と -m を追加する
        start-stop-daemon --start -b -m --quiet --pidfile /var/run/$NAME.pid \
        --exec $DAEMON
        echo "."
        ;;
以下略
  • 結局 $DAEMON 変数を直すのと start-stop-daemon コマンドに -b と -m をつければokだ。
    一度試験してみる
# /etc/init.d/userprog start        ←プログラムが開始するか
# /etc/init.d/userprog stop         ←プログラムが停止するか
  • ここまで上手くいったら、ランレベル2の最後のほうで*1起動するようにして終わり
# cd /etc/rc2.d
# ln -s ../init.d/userprog S90userprog

関連リンク

コメント

Last-modified: 2006-01-19 (木) 15:41:49 (6055d)