シリアル2の注意点

シリアル2(/dev/ttySC1)は RTS/CTSのハードウェアフロー制御ができます。 RTS2/CTS2信号はSH7709からの出力をそのままCN2に出しています。マザーボードEB709上にレベルシフトICがあります。ユーザーでマザーボードを設計するとき、特にCTS2入力はCAT709 CPUボード上でプルダウンしていないので、未使用の場合はGNDに落としてください。

serial2.png

CTS2入力を開放のままにしておくとノイズなどにより入力がHになり、文字が出力されないことがあります。ソフトウェアで対処するときは /dev/ttySC1 を open() するときに、『フロー制御無し』にしてください。

2004-02-15 えびはら

関連リンク

コメント

Last-modified: 2006-01-20 (金) 22:00:59 (5748d)