SiliconLinuxCFのコピーについて

まったく同一銘柄のCFであれば DD for Windows でコピーできます。

違うサイズのCFへのコピーについて記述します。 CFをフォーマットしたりマウントしたりするために Linux機 が必要になります。coLinux でもできないことはありませんが、少し高度ですし面倒です。coLinuxだけで挑戦したい方はCoLinux TIPSが参考になるかもしれません。

ここでは普通のLinux機をつかう方法について述べます。

CFカードは /dev/sda ドライブとして認識し、 /dev/sda1 パーテーションのみが存在していると仮定します。

コピー元 CFのバックアップ(Linux機への取り込み)

コピー元のCFカードをLinux機に挿入します

# mkdir /tmp/backup                  退避場所
# mkdir /mnt/cf                      マウントポジションの作成
# mount /dev/sda1 /mnt/cf            マウント
  (他のパーテーションがあるときは /mnt/cf/home などもマウントしておきます)
  (/mnt/cf/etc/fstab を確認するとよいでしょう)
# cp -av /mnt/cf/*   /tmp/backup     コピー
# umount /mnt/cf                     アンマウント

コピー元のCFカードを抜き取ります

新しいCFへのコピー

パーテーションを作る

新しいCFカードをLinux機に挿入します

# cfdisk /dev/sda
   既存の(おそらくFAT32)パーテーションを削除し、
   新規に sda1 パーテーションを作ります。
   (他のパーテーションがあるときは作っておきます)

フォーマットする

# mkfs.ext3   /dev/sda1              ext3形式でフォーマットします
   (他のパーテーションがあるときはフォーマットしておきます)

コピーする

# mount /dev/sda1  /mnt/cf           マウント
  (他のパーテーションがあるときはマウントしておきます)
# cp -av /tmp/backup/* /mnt/cf       コピー
# umount /mnt/cf                     アンマウント

ブートローダ(grub)を書き込む

PCの場合はブートローダ(grub)を書き込みます。 sh3, sh4 等の場合は不要です
必ず アンマウントした状態で行ってください。

# grub
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time. (少し時間がかかる)
grub> device (hd0) /dev/sda
grub> root  (hd0,0)
grub> setup (hd0)
grub> quit

以上です

関連

Last-modified: 2014-09-02 (火) 12:17:17 (966d)